スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

こんにちは

もう2月になってしまいましたね。
早いです。

新年になってからすでに
1年の1/12が過ぎ去ってしまったと思うと
驚きますが、今年はとても寒いので、
出来れば早く温かい季節になって欲しいです。

去年のように暑すぎるのは
それはそれで嫌ですがw


ところでもうじき旧正月ですね。
今年は2月3日らしいです。(来年は2012年1月23日らしいです。)
日本では近年あまり目立たない旧正月ですが
英語圏では「Chinese New Year」と訳されるように
実は旧正月は「中国暦」による日本での呼称なのです。
中国では春節と呼ばれ、人民は正月を家族と過ごす為に
出稼ぎ先の地方から、郷里へ帰ります。
子供は稼ぐようになると実家の両親へ仕送りをする事が当たり前で、
正月に(大みそかの夜から)両親に会いに行く事が最大の親孝行と考えられる程です。

この為延べ人数で20億人とも言われる人口の移動が
短期間(旧正月の前後1週間)に集中的に起こります。
人民大移動の様子の分かるページ

今頃中国では例年と変わらず「人民大移動」が行われている頃ですね。
ところが昨年頃よりこの「人民大移動」に変化が出てきた事をみなさんは知ってますか?

最近有名になりつつある
「恐帰族」と呼ばれる人々がそれです。

1年に唯一、家族と会える正月。
誰もが会いたいと考えるでしょう。

しかし地方から都市部に出た若者たちはどうでしょう?

日本でも実家に帰らない人達も多いと思いますが、
それと同じ事が起きているようで、
結婚相手だ、仕事だ、収入だ、子供だと
顔を合わせればそんな話になり、
まして帰省するだけでも多くの出費。

それならばいっそ帰らない方が良い。
携帯で声は聞けるし、何かあれば空いている日に行けば良い。

そう言う事らしいです。


恋愛についても、中国での男子には
「家を持っていないと結婚対象として見られない」
という風潮が近年あるそうです。

女性にしてみると
「家くらい持ってないと生活が不安」
と考える人がいるという事でしょうが、
「愛が無ければ結婚なんて」
と考える人もいるそうで。

日本でも中国でも同じような事が繰り返されているわけです。
結局は同じ人間ですからね。行きつく所は同じなわけです。

日本では何かと敬遠されている「中国」という国ですが、
私は嫌いではありません。
同じ人間ですし、中国の友人も多くいますので、
付き合い方なんかも話のネタになります。
また、共産圏の話等も日本では聞けない話ですからね。

海外には色々な文化があると受け止めて
色々な方とコミュニケーションをとって行けたらと
思っています。

途中から路線が変わってしまいましたが、
今後も頑張って参ります。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。