スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶湯解析・組織調査・ハードスポット調査

本日は弊社にて行っている業務の一つをご紹介いたします。

★溶湯調査★
製造現場において不良等が発生した時、またその不良の原因追究
二次合金メーカー様においてはお客様の指定材料
例えば「加工性の良い材料」であるとか「巣の出来にくい材料」等の確認

こう言った場合溶湯自体の解析は非常に難しく、
項目的にどう言った事がそれに起因するのかといった問題が出ます。
しかし弊社のALTECと弊社社長鋤田の知識経験から判断する事が可能です。

ALTECは溶湯状態から凝固するまでの溶湯性状を判断し、
不良が発生し易いか、し難いかを判断出来ます。
またその判定状態からどのような不良を発生させやすいのかも判断する事が出来ます。

巣が出来やすい、出来にくいの危険性も分かり、
加工し易い、または加工面の善し悪しの状態も予測する事が可能になります。
(状況によっては難しい事も御座います)

それらを弊社では溶湯解析として現場へお邪魔するか、試料をお預かりして
請負調査しております。

★組織調査★
組織を研磨、撮像し組織内の問題点を請負調査致します。
×100での顕微鏡写真を撮像し、ご報告致します。
不良原因追究のきっかけをお伝え出来ればと思います。

溶湯が不良発生レベルか否かによって難しさは御座いますが、
不良品を調査する事で原因追求の一つになると思います。

★ハードスポット調査★
走査型電子顕微鏡やX線分析装置を使い請負調査致します。
また、これらの結果から原因となる対象を見つけるお手伝いをしております。
勿論ご担当者様のお力添えが必要ですが、
先日ご報告させて頂いたお客様では
最終的な原因がはっきりと判明し、現場で使用している材料の見直しをして頂いた事で
対象となった不良を根絶する事に成功致しました。

以上のように
Eco-Systemでは調査するだけではなく、
あくまでも原因追究を念頭に調査、ご報告致します。
ただ調べて終わり、では、皆様にご満足頂けませんので、
是非一度お試し頂ければと存じます。

お問合せはこちらまで
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。